2021年8月19日木曜日

シクロベイションのインナーケーブルとルブ

シクロベイションのケーブルルブが成分の変更でグレードUPしました。

アドヴァンス➡プレミアムへカテゴリーも上がり、パッケージも変更になりました。








価格も上げたいところではありますが、商品自体が発売間もないこともあり今回は据え置きとなりました。

シクロベイションのナノスリックインナーケーブルはその名の通りナノレベルまで超音波で表面に磨きをかける工法であり、その際に発生する細かなカスが静電気などでケーブルの表面に残ってしまうことがあります。そこで使用する前にプレミアムルブを添付したウエスで全体をふき取ることをシクロベイションは推奨しています。










その他、シクロベイションのケーブルを使用することで難しいことはありません。

シマノの上級グレードのオプティスリック(105など青いケーブル)ポリマー(アルテ・デュラ)と違いコーテイング処理ではありませんので、表面の摩擦によるコーティングの剥離がありませんので耐久性に優れ、安定した性能を発揮します。

またコーテイングされたケーブルで問題になる、グリス・ルブとの相性も気にする必要はありません。(シマノのコーティング系ケーブルにデュラグリスを使用すると動きが重くなります)

さらにコーテイングの剥離を防ぐケーブルキャップのシールドやノーズも必要としませんのでその分の接触抵抗も低減することができます。

さて、「それじゃ実際の引きの軽さにどのくらいの違いがあるの」という疑問があると思います。

そもそもケーブルの取り回しに独特な要因や技術的な問題がなければ、ケーブルが変わっても大きく違いを感じるのは難しいかもしれません。交換してしまっているので交換前との同時比較はできませんので…。

そこで実験器具を作ってみました。








実際の自転車ではありえない過酷なカーブではありますが、より差を感じるための状況です。

結果、シマノ・オプティスリックよりも明らかに動きは軽くなりました。

器具はシフトケーブルですが、これはもちろんブレーキケーブルでも同様の結果でしょう。

価格差はありますが、それに見合う性能はあると思います。

愛車のコンポーネント・ケーブル動作に不満をお持ちの方は是非、ご検討ください。

価格例

シマノ:オプティスリックシフトケーブル¥972(税別)

シマノ:ケーブルグリス50ml \1,881(税別)

シクロベイション:ナノスリックステンレスシフトケーブル ¥1,200(税別)

シクロべイション:プレミアムケーブルルブ50ml ¥2,300(税別)


0 件のコメント:

コメントを投稿

CICLOVATIONのバーテープ Vapor Metallic <ベイパーメタリック>シリーズですが素材の特質上、巻き始めをエンドキャップに折り込む方法には適していません。 CICLOVATIONでも別途、説明書を用意して同梱しているようです。 表面が硬め(内側はショック吸収性...